佐々木小次郎(1967)

imgres

逆境に育った小次郎の夢は唯一つ、剣の道で天下に名を上げることだった。諸国の道場を破り、最後は京の吉岡流に挑戦しようとして、いま故郷をあとに旅に出た。その後を、恋人兎禰が追った。めざした吉岡道場に着いてみると、すでに宮本武蔵に敗れて没落していた。失意の小次郎は、大阪に出て曽呂利伴内の邸に足を止めることになった。時は、家康が着々と天下統一の事業をすすめていた。ある夜、ふとしたことから一派の反徳川の連判状が小次郎に見られたと思い、曽呂利は小次郎暗殺の機をうかがった。秀頼の快気祝いが大阪城で開かれた時、小次郎は同門の東馬に再会し、恋人兎禰が兄兵介と来阪していることを知った。その夜、彼は曽呂利の刺客に襲われたが。

尾上菊之助、星由里子、土屋嘉男、中丸忠雄、長門勇、司葉子、三橋達也、大空真弓、沢井桂子、三益愛子、市川中車、戸上城太郎

bilibili.com